スイス・チューリッヒ在住。スタバで一緒にコーヒー飲んでくれるママ友募集中!


by lia-swiss
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

秘密の言葉

坊が幼稚園に通うようになってご近所さん達、ママさん達との交流がぐーんと増え、スイスドイツ語分からん!と逃げてばかりいられなくなってしまいました。

理解度は以前とあまり変わっていないと思われるのですが、度胸がワンレベルアップ。まっ分かんなくてもいいかっ!と肩の力を抜いてお付き合い出来るようになってきたのではないかな、などと思っています。ところがですね、この地域のスイスの方達の輪の中に少しずつ溶け込めてきたのではないかしら、と嬉しく思っていたところに、ちょっとショックな事が。

坊がお友達x2名に「坊のママ、僕の分からない言葉で話すから好きじゃなーい。」「標準ドイツ語で話すしねー。」と言われたらしいのです。坊と話す時は日本語ですが、お友達も一緒の時は皆にも分かる様にとドイツ語で話す様にしていました。日本語で話されるのはイヤという気持ちは分からないでもないですが、理解できる標準ドイツ語も駄目?みたいな。日本でも方言を話す地域では標準語で話されるのはイヤなものなのでしょうかね。

まぁ、そう言ったお友達の1人のママも私と同じ外国人。何だか腑に落ちませんが(笑)、子供の言っている事なのであまり深く考える事もないのでしょう。ただ、日本人であるママの事や自分にも日本の血が流れている事、日本語を話す事が恥かしいと思う様にはなって欲しくないので、夫と一緒に坊に分かる範囲で(これがまた難しい!)説明しました。

坊にそう言われた時は悔しくて(笑)「えぇ~ママなんてねぇー英語だって話せるんだよー!ママの方が~君のママよりドイツ語上手いと思うけどなぁ~。」かなり大人気ない態度を取ってしまった私。坊はだんまり・・・だし、夫は大苦笑。はい、子供相手にムキになる事でもなかったですね。反省。。。

スイスでは日本語は坊とママの秘密の言葉。皆分からないんだから。カッコいいんだからっ♪ どうぞ誇りに思って下さいな。
[PR]
by lia-swiss | 2011-02-07 21:36 | スイス生活