スイス・チューリッヒ在住。スタバで一緒にコーヒー飲んでくれるママ友募集中!


by lia-swiss
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

明けましておめでとうございます!

大晦日は子連れのお友達夫婦を自宅に招待してディナー。

彼らたちの子供はうちの坊よりも2ヶ月年上のお兄ちゃん。もうお座りも、寝返りもできる。たった2ヶ月、されど2ヶ月。成長の差はやっぱり大きいんだな、と実感。2人一緒、兄弟みたいだねぇ、なんていいながら写真撮ったり、ビデオ撮ったり、親ばか丸出しの私たち。だって本当にかわいいんだもの。2人で見つめ合ったりしている時、何を考えているんだろう。友達だぁ、なんて思ったり・・・しないか・・・。”どうやったら僕の口にはいるかなぁ”なんてこと考えてたりして。
e0089710_1936965.jpg

子供たちにご飯を食べさせたり、ミルクをあげたり、おしめを変えたり、なんだかんだしている間に、私たちがやっと前菜を食べ始められたのはすでに8時過ぎ。

前菜には手巻き寿司を用意。マグロ、サーモン、海老などチューリッヒのメルカートで調達。前菜だからあまり食べ過ぎないように!って言っておいたのだけれど、無駄な試みだった。嬉しかったみたいで、凄い勢いでぜーんぶ食べてくれた。気に入ってくれて良かったけど。

メインは夫が腕をふるってFilet Wellingtonを作ってくれた。牛ヒレ肉をパイ生地で包んでオーブンで焼いたもの。まず、お肉にオリーブオイル、塩、胡椒をふり、熱したしたフライパンで焼き色がつく程度にサッとに焼く。お肉の熱がさめたら、マスタードをお肉に塗って、そして、マッシュルームとパセリをガーリック、バター、生クリームで炒めたものをマスタードの上からつける。パイ生地の上に、細かいパン粉を広げ(余分な水分を吸収してくれるらしい)、そこにお肉をのせ、ベーコンをのせてから、パイ生地で包む。
e0089710_1742244.jpg

生地が余ったからといって、ドルフィンの型で切り取った生地を飾りにつけてくれた。
e0089710_17394939.jpg

ここまではかなり上手くいったんだけれど、彼、オーブンで焼いている間話に夢中になって、お肉の存在忘れちゃったの。で、こんなになっちゃった。
e0089710_1740780.jpg

でも切って中のお肉をみてみたら丁度よく焼けていたし、切り分けちゃえば焦げた部分は結構気にならなかった。それに、これくらい焦げてる方が、可愛いドルフィンたちも良く見えるってもん。大丈夫、夫よ。これくらいじゃ失敗とは言わないから。

前菜がお寿司だから、付け合せは軽くサラダとトマトとハーブのオーブン焼き。お肉にはグレイビーソースをかけて、はい、いただきます。さて、お肉のお味の方は、というと、かなり美味しかった!夫はかなり心配していて、ピザの宅配でも頼むか、なんて言っていたけれど、大丈夫だったよ。成功、成功。
e0089710_17525050.jpg

デザートは友達が持ってきてくれた、チョコレートケーキとフルーツサラダ。
おいしいねぇ、なんて食べてたところで、フッと時計を見てみると、すでに12時7分前。
慌てて、シャンペン、グラス、そしてラジオを持ってテラスへ。テラスから花火を眺めながらのカウントダウン。いたるところで花火が上がっていたから、うちの坊と友達の赤ちゃんが起きてしまうんじゃないかとハラハラしたけど、あの騒音にもかかわらず、ぐっすり寝てくれた。大丈夫じゃなかったのはうちの猫たち。花火の音に腰抜け状態で、ソファーのしたに身を隠したまま暫く出てこなかった。スイス建国記念日と大晦日は花火がすごいから猫ちゃんたちには酷だなぁ。可愛そうに。

私たちはワイングラスを片手に、結局朝の2時までおしゃべりに花を咲かせ、そして解散した。久しぶりの夜更かしで結構疲れたけれど、やっぱり同じような歳の子供を持つ彼らたちとは話も合うし、楽しかった。2006年も一緒に子育てのことで悩んだり、楽しんだりできたらいいな。
[PR]
by lia-swiss | 2006-01-01 20:30