スイス・チューリッヒ在住。スタバで一緒にコーヒー飲んでくれるママ友募集中!


by lia-swiss
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

もうしませんっ!

今までの車はバギーをトランクに入れたら他は何も入らなくて不便だったので、大きめの車に買い換えた。物は沢山入るから便利なんだけど、なんせ大きい。特に経験の浅い、ようやく運転に慣れてきような若輩者の私には、馬鹿でかい車。狭いところに駐車したりするのまだまだ怖いので、いつも慣れた大きな所しか行かない。それでも最近は運転も大分慣れてきて、街に出て買い物したり、友達の家に遊びにいったり、夫を迎えにいってあげたりと、徐々に自信がついてきたところだった。こんな大きな車でも結構運転できるじゃん、私っ、なんて。でも実際、運転のテクニックはまだまだ。お粗末だなぁと思うのは駐車。なんか後ろの車の存在がプレッシャーとなり焦ってしまうんだなぁ。

昨日もその典型だった。いつも駐車し慣れているパーキングだったから大丈夫だろうと思っていたんだけど、空いていた場所が結構狭くて、しかも右手には大きな柱が・・・。大きくカーブをしてゆーっくり入ったんだけど、やっぱり一度では入りきれず、バックすることに。この時点で後ろで待っている車に焦っている私。そんな中、前方のパークセンサーが左隣に停まっている車に対してピーピーと狂ったように鳴り響く。右側には柱があるからもうバックできないし、前にはこれ以上進めないし、どうしたらいいのぉ、と思っている矢先に、ズバッという音とともに夫のストーップ!!!という叫び声が・・・。右ドアが柱に・・・。右側は夫がいたから見てくれているだろうと思ってどこか安心していたのか。いや、でも自分でも確認していたはず。・・・あっという間の出来事で、頭が混乱。
すぐにでも夫に運転を代わって欲しいところだったんだけど、そう、右ドアは柱に押され開かないので、どうにか自力でバックして、ドアが開けられるようになったところで夫にバトンタッチ。
後ろの車の存在なんか気にして焦ったからだ・・・。どうしたらいいの?と思った時点でストップして、夫に代わってもらうなり、一度外にでて距離の確認したりできたはず。焦って変にハンドル切るからこうなるんだよぉ。自己嫌悪。

車を降りて右ドアを恐る恐る見てみたら、なんと幸運なことに、かすり傷一つ無かった。実は、柱にはかすり防止用にゴムみたいなのが巻いてあったのだ。でも全然ホッとできない。あの瞬間のことを考えると怖くて怖くて。かなり焦っていたから、下手したら左隣の車にもぶつけていたかもしれない、なんて考えると今さらながら心がドキドキしてしまう。夫は練習すればいいんだというけれど、もう運転したくないよ。これからは公共の乗り物を使って移動するっ(涙)。
[PR]
by lia-swiss | 2006-01-07 19:13