スイス・チューリッヒ在住。スタバで一緒にコーヒー飲んでくれるママ友募集中!


by lia-swiss
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

St-Rémy-de-Provence

スイス村での休暇の後は、チューリッヒまで車で約11時間の長旅。行きは予定がずれ込んだため、一気にスイス村まで車を走らせましたが、帰りは当初から予定していた通り、休憩がてらフランスでちょっと寄り道してから帰途に着くことに。

車を走らせてから5-6時間、まずは、ノストラダムスの生家、画家ゴッホの晩年のゆかりの地でもある、St-Rémy-de-Provenceに立ち寄りました。このこじんまりとした田舎町へやってきたのは、ノストラダムスでも、ゴッホでもなく、ラベンダーのチョコレートをゲットするため(笑)。小さな町なので、お目当てのチョコレート職人Joël Durandさんのお店は、すぐ見つけることができました。
e0089710_5115315.jpg

お店に入るとチョコレートの甘い香りが。小さな店内は美味しそうなチョコで埋め尽くされいました。興奮して店内を怪しくウロウロしていると、食べたいチョコレートがあったら遠慮なく言って下さいね、と親切な店員のおばさんにチョコレートのメニューをいただきました。どのチョコがいい?どのチョコが食べたい?どのチョコに興味がある?試食をかなり強く勧めるおばさんに圧倒され、夫も、私も、坊までも(チョコはまだオフィシャルには解禁していないのですが断りきれなかった・・・)が、試食することに。安いただ甘いミルクチョコとはやっぱり違う・・・濃厚なチョコに夫と一緒にう~んと舌鼓を打ったのでした。坊は、もっとくれ~!と大騒ぎして大変だったので、夫に連れられ泣きながら退場。
e0089710_516270.jpg

チョコレートの他にもジャムなども置いてありました。フランボワーズとブラックチョコレートのものがとっても気になったのですが・・・。また次の機会に。

買い物を済ませた後、お店の写真を撮らせてもらっても良いか聞いた所、店員のおばさんはとても快くOKしてくださって・・・私はチョコだけを撮りたかったのですが、チョコレート職人のDurandさん当人をわざわざ呼んで下さって・・・。結局、居心地悪そうなDurandさんの写真を撮ることになりました。一応写真では笑ってますけれど、かなり嫌そう恥かしそうでした・・・って、そんな貴方を撮る羽目になった私もかなり恥かしいですから(笑)。
e0089710_5163532.jpg

Durandさん、美味しいチョコをありがとう!

私達はJoël Durandを後にして、今日の最終目的地アヴィニヨンへ。
[PR]
by lia-swiss | 2007-10-08 04:10 | 休暇