スイス・チューリッヒ在住。スタバで一緒にコーヒー飲んでくれるママ友募集中!


by lia-swiss
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

クリスマスイブ

坊が予想以上に早く元気になったので、予定通り夫の実家でクリスマスを過ごすことなりました。
e0089710_20324855.jpg

元気になった坊とクリスマスツリーに飾ってあるキャンドルに火を灯しました。
e0089710_19531582.jpg

チョコが沢山ついているので、坊はこのクリスマスツリーにくびったけ(笑)です。

今年のアペロは、魚が苦手な義母が私のために?!スモークサーモンのカナッぺを用意してくれていました。
e0089710_19534194.jpg

彼女用と思われるピクルスだけがのったちょっと寂しいカナッペも。
サーモンのピンクに色を合わせて、スパークリングワインもロゼで可愛らしく。

アペロ中、坊がクリスマスツリーの下においてあるプレゼントを次から次へと私達のところへ持ってくるので、夕食前ですが、プレゼントを開けることになりました。プレゼントは全部自分の物だと勘違いしている坊。一つ持ってきては、包装紙を破り捨て、中身を見ずに次のプレゼントへ。破るのが、壊すのが楽しい魔の2歳児です(笑)。

今年のクリスマスディナーは、フォンデュー・シノアーズでした。
e0089710_19544930.jpg

日本のしゃぶしゃぶみたいなもの。スイスのクリスマスによく出される料理だそうです。坊のことがありほぼキャンセルになりかかったディナーですが、今回は運よくフォンドューだったので、義母に迷惑を掛けることなく、皆揃って食事をいただくことが出来ました。

夕食の後は、つい数時間前に激しく泣き続けていた坊とは思えないほど、元気な・・・元気すぎる坊を(薬が効き過ぎたか?!)寝かしつけ、デザートタイム。毎年、義母が美味しいデザートを作ってくれますが、義母のデザートを楽しみにしている義妹と義弟夫婦が今年は不参加なので、私が日本人パティシエの高橋さんに注文したクリスマス・ケーキを持って行くことにしました。ミルクチョコ&ホワイトチョコのムースにフランボワーズのソースが入っているケーキ。
e0089710_623154.jpg

美味しすぎっ!義父母、夫は本当デザートにはウルサイ人達なのですが、ケーキを口にする度に、う~んと唸っておりました。義母は、”こんなに美味しいものが手に入るのなら私の出る出番無しね・・・。”と寂しそうにしていましたけれど、お母様、これ、プロの方が作るケーキですから!
母の味に敵うものは無いよ、と義父と夫。私もいつかそんな風に言われたいな。思いやりのある男性軍です。

食事会の後は、夜12時から行われる恒例ハードコアなクリスマスパーティー。毎回12時まで待っている間に眠たくなってしまってパスしたい気持ちになるのですが、一応主催者の妻なので、出来るだけ参加するようにしています。若かりし頃は、一緒に飲んで、騒いで・・・体力がありました。でも、今のわたくしには、朝4時に卓球大会は無理でございます(笑)。
ここ数年、どやって逃げようか、と頭を悩ませているのですが、今年は坊の看病ということで皆さん納得の不参加。坊に飲ませた痛み止めが夜中に切れるので、もしまた痛がりだした時にすぐ対応できるよう同じ部屋で待機・・・寝ることにしました。

朝8時半頃、目覚めたばかりの私と坊の部屋に、パーティーに参加していた夫が姿を現しました。あれ、もう起きたの?パーティー翌日なのにすごいね、と声を掛けたら、まだパーティー中、ですって(笑)。朝の8時まで飲み続ける君達。わ、若い!今年は、総勢30人もの人が集まったそうです。最後まで生き残ったのは夫を含めた3名。よく頑張りました!
毎年心身ともに確実に年をとっているのは私だけ?・・・なんでしょうか。

坊はこの夜痛みで起きることはありませんでした。抗生物質がちゃんと効いたようです。

ちなみに、夕方4時過ぎに目を覚ました夫は、二日酔いの薬のお世話になりました(笑)。
[PR]
by lia-swiss | 2007-12-24 19:36 | スイス生活