スイス・チューリッヒ在住。スタバで一緒にコーヒー飲んでくれるママ友募集中!


by lia-swiss
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

肩の力を抜いて

坊は1歳半くらいになる頃から、世間でよく言われている世にも恐ろしい魔の二歳児にすっかり変身しておりました。

何を聞いても、ナイ~~~ン!何を言っても、ヤダヤダヤダ!
まだ自分では出来ないのに何でも挑戦したがり、出来ないと癇癪をおこして物に八つ当たり。自分の思い通りにならなければ、何処でも所構わず床の上で大の字になり大泣き。

あのクリスマスの中耳炎の後くらいからでしょうか。坊更にパワーアップ(涙)。私の我慢の限界にひたすら挑戦してくる坊との戦い・・・ちょっと大げさですかね。でも、とにかく何をしても満足しない、泣き喚く、癇癪を起こす、の連続で、一体どうして欲しいのか、どうしたら良いのか全く分らず、お手上げ状態でした。

寒いからタイツを履こうね。
ナイ~~~ン!ギャ~!
でも寒いから履かないと風邪引いちゃうよ。
ナイ、ナイ、ナイ、ナイ!ギャ~~!
そう、じゃそのままでいなさい。
ギャ~~~!
何?タイツ履きたいの?
ナイっ!赤い靴下がいい!ギャ~!
でも寒いから、タイツの方がいいじゃない?
やだ~。ギャ~~~!
泣き止まないので、仕方がなく赤い靴下を持っていくと、それを私から奪い取り床に叩きつけてまたまたギャ~~~!

では、どうしろと?(涙)
これが靴下ならまだいいですが、ヨーグルトとかを力いっぱい床に叩きつけられた時なんかはもう・・・ねぇ。おのれ~!(プルプル・・・)

それでも、子供が成長するには欠かせない大切なプロセスなのだからと自分に言い聞かせ、イライラする気持ちを出来るだけぐっと抑えてきました(もちろん爆発することもあります!)が・・・限界というのは突然やってくるのですねー。



ある日突然虚無感に襲われ、ベッドから起き上がれなくなってしまいました。涙がこぼれてくるのですが、なぜ悲しいのかよく分からない。とにかく体に力が入らない。二歳児相手の育児ストレスももちろんあったでしょうが、ここずっとバタバタしていたこともあり、心身ともに疲れていたのだと思います。それまでずっと心の奥にしまっていた諸々が溢れ出て、自分ではどうにもできなくなってしまいました。

頑張らなくても体が言う事を聞いてくれる状態まで回復するのには結局2~3週間くらいかかったかな。それまで、育児、家事、すべて放棄しました。夫が有給を取って、坊と私の面倒をみてくれました。坊の泣き叫ぶ声を聞いていると頭がどうにかなってしまいそうで坊とも距離を置きました。すごく淋しい思いをさせてしまいました。もう以前のような自分には戻れないかも、と不安で仕方がありませんでした。

ここにくるまで知らず知らずのうちに心の中に色々な事を溜めてきちゃったのかな。自分と向き合う時間をちゃんと取ってこなかったのかな。今まで一つ一つ自分なりに消化してきたように思っていたのですが、どうなのでしょう。

慣れない育児、海外生活、まぁ色々ありますが、ある程度肩の力を抜いてやっていかないと、と今回再認識しました。自分では肩の力を抜いてやっているように思っていたのですが・・・私ってやっぱりキャパが狭いのかも(笑)。

あれからもう1~2ヶ月程経ちます。坊の魔の二歳児まだまだ健在ですが、あの時期と比べると少し落ち着いてきたように思います。もしかしたら、中耳炎の後で本調子ではなかったのかもしれないですね。
[PR]
by lia-swiss | 2008-03-07 05:15 | 坊①