スイス・チューリッヒ在住。スタバで一緒にコーヒー飲んでくれるママ友募集中!


by lia-swiss
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ディズニーシー

坊も今年で3歳。もう楽しめる年齢になったのでは、という事で、行って参りました。念願のディズニーリゾートへ。
e0089710_15451686.jpg

今年は、東京ディズニーリゾート25thアニバーサリーでございます。



そのテーマソング 『魔法の鍵 ~The Dream Goes On』をわたくしの大好きな石井竜也さんが、日本語詞&楽曲プロデュース、高杉さと美さんデュエットしているのでございます。これは、行かない訳には参りません(笑)!ディズニーランドとシーのどちらに行くか、という点ですが、東京ディズニーリゾート(R)25thアニバーサリーサイト、「アーティストが表現する東京ディズニーリゾート25周年!」にて公開されている、石井竜也さんが東京ディズニーシーを紹介しているVTRを観ちゃったので、迷うことなくディズニーシーの方に行く事にしました。・・・いいんです、ほっといて(笑)。

平日だからかな。とっても空いていたので、ショーもアトラクションも殆ど並ばずに済みました。
e0089710_17283430.jpg

てっぺいちゃん(石井さん)がVTRの中紹介していた絶景だという場所を発見。坊の写真を撮り、ルンルン。・・・いいんです、ほっといて(笑)。
e0089710_17303248.jpg

まずは、「エレクトリックレールウェー」、トロリーに乗って移動。そして、「ケープコッド・クックオフ」でハンバーガーを頬張りながら、キャラクターたちによるミニ・ライブショーを楽しみました。
e0089710_1730618.jpg

坊は、ショーに気を取られっぱなしで、食事が全然進みませんでした。
e0089710_1545479.jpg

ランチの後は、デイタイム・ハーバーショーの「レジェンド・オブ・ミシカ」。ミッキーに手を振る坊。
e0089710_17321598.jpg

感動して涙が出そうになりました。やっぱりディズニーのエンターテイメントは凄い!スケールが違います。音が大きいので、坊はちょっと怖かったみたい。
e0089710_1546828.jpg

入場した12時からホテルに帰るまでの8時まで、坊はよく歩いてくれました。さすが、スイスの田舎道で足腰鍛えた子は違いますっ(笑)!色々廻りましたが、「マーメイドラグーンシアター」が個人的には一番良かったかな。あとは、「フランダーのフライングフィッシュコースター」。
e0089710_17313129.jpg

坊も乗る!というので並ぶ事にしたのですが、これ本当普通のジェットコースターなんですよ。一応 ”3歳未満、90cm未満” という制限をクリアしていたのですが、乗っている最中にパニックに陥られたらどうしよう、と順番が近づくにつれて心配に。いざ乗ってみると・・・ギャャァ~~~!と叫んでいたのは、私でした(笑)。だって、ジェットコースターなんて久しぶりなんですもの。坊は、多分腰を抜かして声も出ない状態だったと思われます。でも、文字の如く”あっ”という間に終わるので、坊が「ママ、坊、降りる・・・。」と蚊が鳴くような声で呟いた時には、もう終わっていました。「ママは叫んでいたのに、坊は大丈夫だったね。すごいね。」と声を掛けると、お得意顔の坊なのでした。本当は腰抜かしていたくせに(笑)。

今回は坊が一緒なので、ショーをメインにスケジュールを立てて園内を回りました。昼間のショーも素晴らしかったですが、夜の水上エンターテイメント、「ブラヴィッシーモ」と「キャンドルライト・リフレクションズ」は圧巻でした。
e0089710_15463516.jpg

ショーの間、17キロの坊を母と交代で抱っこ。ディズニーは、そういう意味でもやっぱりパパも一緒の方がいいですね。

夜になるとイルミネーションで彩られる園内。ずっとここにいたいな・・・ため息が出ます。
e0089710_15465924.jpg

最後にディズニーランドに行ったのはいつだったかな。もう随分前のことです。若い頃は、ショーなんてエレクトリックパレード以外記憶に無いほど殆ど観た事がなく、アトラクション中心にパークを回る事が殆でした。今回は3歳児の坊が一緒。坊が楽しめるという事が大前提でスケジュールを立ててみたところ、自然とショーがメインになり、今までとは少し違ったディズニーリゾートの楽しみ方を発見することができました。改めて、ディズニーリゾートは素晴らしい!ファンになってしまいました。

今回改めて気づかされたのですが、ミッキーが手を振ると、子供達を初め、おばさんも、おじさんも、コギャルも、ホストみたいなお兄さんも、育児に疲れたママさんも、仕事のストレスで大変なお父さんも、皆パーク内では子供の心に戻ってミッキー達に嬉しそうに手を振ります。皆幸せそう。そんな様子を見て、目頭が熱くなる涙腺の弱い三十路過ぎの私なのでした。本当、不思議な空間です。
e0089710_17251190.jpg

最後はさすがに坊も(私も)ヘロヘロだったので、花火を観ずにディズニーシーを後にしました。乗り込んだディズニーリゾートラインのミッキーの形をした窓から花火を観る事が出来てラッキー。

今回泊まったのは、シェラトン。ディズニーリゾートのオフィシャルホテルです。アップグレードしてもらって、トレジャーズルームに泊まれることになりました。荷物は舞浜駅に着いた時に預けてホテルまで運んでもらったし、チェックインもその時済ませているので、そのまま部屋に。こういうサービスが素晴らしい。

窓からは、ディズニーランドのイルミネーション、シンデレラ城が見えます。なんだかラスベガスのホテルからの景色を思い出しました。
e0089710_17331645.jpg

エレベーター付近で小さなドアを発見。夜は鍵がかかっているけれど、朝になるとドアがあきます。
e0089710_17333763.jpg

翌朝は、ホテルで朝食。坊は、焼きたてパンケーキ&チョコソースに大感激。
ここもクリスマスツリーが沢山飾ってありました。
e0089710_15472964.jpg

私もディズニーシーにもホテルにも大満足。夫が一緒でないのが唯一とても残念ですが、次回里帰りの際は、坊と夫と3人で遊びに来たいと思います。
[PR]
by lia-swiss | 2008-11-26 04:28 | 里帰り