スイス・チューリッヒ在住。スタバで一緒にコーヒー飲んでくれるママ友募集中!


by lia-swiss
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

クリスマス

今年もクリスマスイヴは義父母宅にてディナーでした。
e0089710_16315964.jpg

去年のイブは、坊を小児緊急外来へ連れて行ったっけ。翌日は、辺り一面霧氷に覆われたホワイトクリスマスでした。あれからもう1年。子供が出来てから、恐ろしいほどあっという間に一年が過ぎていきます。



今年は少し早めに行って、義父母と一緒にツリーの飾り付けを一緒にしました。坊は、飾りに使うチョコが気になって、飾りつけどころじゃありません。一つチョコを手に取るたびに、食べていい?
e0089710_16362550.jpg

飾り付けが終わった後は、坊のGoettiのところにご挨拶。Goetti宅に着くなり、夫の耳元で「プレゼントは何処?」 3歳にもなると色々な事がよーく分かるようになるようで(笑)。思わず3人顔を見合わせて笑ってしまいました。

夕方義父母宅に戻り、アペロ&ディナー。
e0089710_1639147.jpg

みーんな高橋さんのケーキの大ファン。
e0089710_16393956.jpg

昔は、みんなでプレゼントの交換なんて事もやっていたのですが、ここ5年くらいその制度を排除。でも、子供達は例外。もちろんプレゼントを用意します。今年は(も)いとこ達はスキー休暇で欠席なので、ツリーの下に用意されているプレゼントは殆ど全部坊の物でした。これが良くないなぁ・・・と個人的には思っていて。坊がプレゼントをもらって喜ぶ姿は、もちろん私にとっても嬉しいことですが、誰から何を貰ったのか分からなくなる程一度に沢山のプレゼントをもらうっていうのは、どうかと。しかも、ツリーの下にあるプレゼントは全部自分のものだと思い込んでますからね・・・。まぁ、でも年に一度の事だからいいのかな。深く考えずに喜ぶべきか。

興奮気味の坊を寝かしつけ、私達はまったり。坊と一緒に寝てしまいたい。でも出来ないのが悲しいところ。恒例の12時から始まるパーティーに少しだけでも顔を出しておかなければ。12時過ぎに地下の部屋に行くと、そこは完全に何処かのバーになっていました。薄暗い部屋の中に沢山の人、タバコの煙。そして、義父の60年代、70年代の懐メロレコード(笑)。主催者無しにパーティーはすでに始まっていました。ま、毎年のことですが(笑)。今年も夫が知らない人が数名参加。ま、これも毎年のことですが(笑)。こういう知らない人に限って、私と夫が挨拶に行くと”誰だよ”って感じでギョッとするんですよね。っていうか、私の方がびっくりだよ。誰だよ、君は。

この日は、夫の知り合いが大体全員集まるので、なかなか会わない友達にも少なくとも年に1度はここで必ず顔を合せることができます。ちょっとした同窓会みたいな、そんなパーティです。だから夫も夫の友達も、この日を楽しみにしているよう。このパーティーが続く限り、我が家は実家でクリスマスを過ごす事になりそうです。

結局、私がベッドに入ったのは午前3時過ぎでした。恒例卓球ゲームは免れましたが、坊に起こされたのは6時半(涙)。坊、昨夜寝たのは10時過ぎでした(クリスマスなので特別ね)。なんで朝6時半起床なのかなぁ。ちなみに、夫ですが、7時に帰ってきました。そして、午後3時ごろ優雅に起床。その間、義父と一緒にすっごい状態の部屋を掃除しましたよ。ま、これも毎年のことですが(笑)。

こんな感じで、Lia家は昨年と殆ど同じ内容のクリスマスを過ごしたのでした。
[PR]
by lia-swiss | 2008-12-24 15:44 | スイス生活