スイス・チューリッヒ在住。スタバで一緒にコーヒー飲んでくれるママ友募集中!


by lia-swiss
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:坊①幼稚園( 4 )

Wochenkind

昨年の話になりますが、幼稚園で坊①にWochenkindの順番が回ってきました。

Wochenkindとは、先生の助手的役割ってな感じかな。1週間Wochenkindとしてのお勤めを終わらせると感謝の気持ちとして、幼稚園のお友達から絵のプレゼント。そして、その中にはお友達から坊①へのお褒めの言葉が収められています。←絵も嬉しいけれど、正直なところ親としてはこっちの方が気になる!
e0089710_5583575.jpg
e0089710_5585384.jpg
e0089710_559881.jpg

これは前回いただいたもの。上から、お友達から坊①への言葉。そして、自分自身への言葉に続き、最後は、私達親から坊①へ。
e0089710_5592193.jpg

こちらが今回のもの。
e0089710_21205866.jpg

面白いなぁーと思ったのは、両方とも坊①の容姿についてのコメントがあること。目がきれい、とか、髪の毛がキレイ、とか(笑)。やっぱり東洋人は珍しいのかな、などと思ったり。

「優しい心を持っているって書いてあるよ~!サッカー、空手が上手だって!」坊①に読んで聞かせると、とっても恥ずかしそうにしていました。そんな姿を見て、いつも「お兄ちゃんなのだから!」と小言ばかり言っている自分を反省。こんなに良い子なのだから、言葉にしてもっと積極的に褒めてあげようと思いました。
e0089710_5594650.jpg
e0089710_60668.jpg

Wochenkindのお勤め、お疲れ様でした!
[PR]
by lia-swiss | 2012-01-20 20:35 | 坊①幼稚園

Abmachen!

私の住んでいる場所では子供達を遊ばせる時「Abmachen」するのがスタンダード。Abmachen、遊ぶ約束をする事です。

幼稚園から戻り、お昼を家で食べ終える頃に大体電話が鳴ります。子供が電話を掛けてくる事もあれば、ママさんから電話をもらう事も。

最近徐々に増えてきた、このAbmachen。この間は一日に電話が3本も鳴りました。ご近所さんのお子さんをお預かりする日&最初に電話をしてくれたお友達と約束済み=坊を含め4人の子供が我が家に来る予定だったので、あとは全部お断り。それが翌日、翌々日へと延期され、何だかとっても慌しい一週間となりました。

ランチ込のAbmachenもあります。この間坊もお友達のお宅にお呼ばれしてきたところ。坊にとっては初めての経験です。一度も遊びに行った事のないお友達の家、しかもママの付き添い無し。嫌がるかなと思ったけれど、「行きたい!」と即答。「あと何回寝たら~くんのお家に行けるの?」その日を心待ちにしていました。いつも一緒に通園しているお友達にも「僕は~くんのお家に行って一緒にご飯食べるから、一緒に帰れないんだ。」と何処か自慢げ(笑)。

当日、坊は幼稚園後お友達宅へ直行。私は約束していた15時に迎えに行ったので、久しぶりにゆっくりランチタイムを楽しみました。坊もとても楽しかった様子。お誘い頂いたママさんからも「好き嫌いなく全部食べて、本当によい子でした。」とお褒めの言葉を頂きました。今度は我が家の番です。さて、何を作りましょうか。

坊がとても仲良くさせてもらっているお友達のママから電話をいただいたある日の午後。お天気が良いので湖に行きましょう♪と誘ってもらいました。湖に張っている氷を木の棒で壊しているところ。氷の破片を拾ては湖に投げます。誰が一番遠くまで投げられるか競争。
e0089710_17515880.jpg

子供が氷の張った湖に落ちたら大変。大喜びする坊の側で、私は冷や冷や。
[PR]
by lia-swiss | 2011-02-09 17:55 | 坊①幼稚園

参観日

今日は坊の通う幼稚園の参観日。参観日として3日間用意されていて、都合の良い日を選べるようになっているのが嬉しいところです。夫にも午前中お休みを取って貰い、夫婦揃って幼稚園に行ってきました。

この日を楽しみにしていた坊は、私達の姿を見るや否やすっ飛んでやって来て、自分の荷物置き場に案内してくれました。
e0089710_17113592.jpg

ここで靴脱いでね。それで洗濯ばさみを貸してあげるから、これで靴を留めてね。僕の所にコート掛けていいからね。色々丁寧に教えてくれました 笑。

朝の集合の時間。ゲームをしながらクラスの皆が集まるのを待ちます。
e0089710_17122015.jpg

チリリン♪と綺麗な音の鳴る鈴を使ってのゲーム。誰が鈴を隠し持っているのか真ん中に座っている子供が当てます。音を立てない様に一生懸命そろりそろい歩く子供達の姿が可愛らしい事。

集合したら全員でゲームをもう少し。何曲かお歌を歌った後に先生が今日のプログラムを説明します。先生の隣の席には、その週の係りの子供
(Wochenkind)が座ります。言ってみれば、先生のアシスタント役です。先生が子供達に「今日は何月何日何曜日で」「午前中はまず~をして」「次は~をします」と今日の流れを説明すると、それに当てはまるカードを選んで黒板の「今日のプログラム表」に貼っていきます。
e0089710_17151612.jpg

先生の合図でWochenkindが座っている子供一人一人の頭を撫でながら
「eins, zwei, drei・・・・」出席者の人数を皆と一緒に数えます。何人かの子供にも数えさせた後、今度は数を反対から数えます。これはちょっと年少さんには難しかったかな。そして、最後はイタリア語で。何ともスイスらしい。

その後も引き続きゲーム、お歌を歌ったり、踊ったり、絵本についてお話したり、カードを見せて色々質問したり、皆とっても楽しそうです。
e0089710_17175830.jpg

ここまでに先生が時折見計らって子供達に色々質問するのですが、その度に感心するのは誰も勝手に発言をしないという事。発言したい子供はまず手を挙げます。先生に指名してもらうために身を乗り出して手を挙げる子供達の姿に思わず親御さん達の間から笑いが漏れます。
e0089710_17384658.jpg

次はお仕事の時間。用意してある幾つかのワークシートを自分で選び、好きな場所に座ってそれぞれ取り組みます。
e0089710_17242544.jpg

一枚終えたら、その用紙を自分用のファイルにしまい、お花や動物の形に切り取られた色紙を一つ選んで、黒板に貼ってある自分のワークシート・カードにのりで貼り付けます。
e0089710_17374518.jpg

e0089710_17434987.jpg

e0089710_1739795.jpg

坊が3枚目に取り組んでいる途中で一旦終了の合図。すると何処からか自分の名前入り花形のカードを持って来て用紙の上に置くのです。「後で続きをやるので、このままにしておいて下さい。」という印なんだそう。
e0089710_17495551.jpg

このお仕事の時間、黙々と自分の”お仕事”に取り組む子もいれば、もちろん、そうでない子もいる訳なのですが、意外にも坊は前者。一連のルーティンをそつなくこなす頼もしい坊の姿に夫も私もビックリ。お家でのチミと全然違うのはなぜ?いや、意外な一面を見る事が出来て(坊、失礼!)、これだけでも参観に来た甲斐があったというものです。

お仕事の後は、みんなでカードゲーム。そして、この日はお誕生日を迎える子供がいたのでみんなでお祝いをしました。ドイツ語と英語とイタリア語でHappy Birthdayのお歌を歌って、おやつの時間。

おやつの時間の後は休憩時間(自由時間)だったので、殆どの保護者の方達は園を後に。休憩後にもまだプログラムはありましたが、私達も同じく帰途に着きました。

私達に見せる顔とは少し違った幼稚園での坊、そして、坊の成長を垣間見る事が出来た日でした。夫は有給休暇を取って行った甲斐があった!と大満足。

この夏年長さんになる坊。引き続き、大好きな幼稚園で楽しい思い出を沢山作って欲しいなと思います♪
[PR]
by lia-swiss | 2011-01-27 18:02 | 坊①幼稚園

幼稚園

今日は坊の幼稚園初日です。

前日、義父母に電話で「頑張ってね!」とエールをもらい、益々幼稚園に行くのが楽しみになった坊。数ヶ月前までは幼稚園なんて行きたくない!なんて言っていたのにね。

幼稚園は以前通っていたプレイグループと同じ建物の中にあります。歩き慣れた道のり。いつもは元気よく歩くのに今日は何だか静かです。少し緊張しているのかな?

教室に入る前にまず先生とご挨拶。子供達の目線に合わせて座って下さり、一人ずつ丁寧に挨拶してくださいました。子供達の名前も既に覚え下さっていたところが好印象。

園内は子供達と父母の方々で一杯。スイス人には珍しく?皆さん挙ってカメラで子供の姿を撮っていたのがとても印象的でした。入園式なるものはありませんが、幼稚園初日はやっぱり特別なんですね。この日はうっかりカメラを忘れてしまった私。かろうじて持っていたiphoneで何枚かパチリ。

先生との挨拶を終えたら、自分の棚を見つけます。そこで上着を脱ぎ、靴を上履きに履き替えます。名前の書いてあるネックレスを首から掛けて教室へ。

教室には椅子が円状に置いてあって、それぞれの椅子には名前が書いてありました。子供達は自分の椅子を見つけてそこに座ります。体験入園の時には一人で座りたくなくて泣いてしまう子供もいましたが、今日は駄々をこねる子供の姿も、泣いている子供の姿もありませんでした。皆静かに・・・ちょっと緊張した面持ちで先生が着席するのを待っていました。親御さん達は教室の端に座って子供達の姿を見守ります。

子供達が揃うと輪になって手を繋ぎ、先生が歌を歌いながら子供達の名前を一人ずつ呼びます。
e0089710_16241623.jpg

これから宜しくね♪ みんなでギュ~したら、緊張も解けました。
e0089710_1537474.jpg

幼稚園初日は午後2時間。入園した子供達のみ。明日からお兄ちゃんお姉ちゃん達も一緒です。坊の隣の空席には、坊のお世話係のお兄ちゃんが座る事になっています。新しい園児達には必ず一人年長さんのお世話係が付くのだそう。
e0089710_16235851.jpg

先生に名前を呼ばれた子供は前に出て、先生から幼稚園の手引書を貰います。子供はそれを自分の親に渡しにいき、また席に戻ります。
皆に配り終えると、先生から子供達に質問。パパとママが家に帰ってもいいと思う人?「僕、パパが帰っても大丈夫だよ!」「私もママがいなくてもいい!」と数名立ち上がりました。坊は座ったまま(笑)。先生に聞かれると「いて欲しい・・・」との返事。渋々という感じでしたが、結局坊も了解してくれたので、私も他の方達と一緒に教室を後にしました。

家で一時間半程過ごしてまた幼稚園へ。
元気に教室から飛び出してきた坊を見て、ほっと一安心しました。
「また幼稚園に行きたい!」と坊。「これからは毎日行けるんだよ~。」そう教えると嬉しそうにしていました。 

幼稚園入園おめでとう!
楽しい2年間になりますように。
[PR]
by lia-swiss | 2010-08-24 04:51 | 坊①幼稚園