スイス・チューリッヒ在住。スタバで一緒にコーヒー飲んでくれるママ友募集中!


by lia-swiss
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:スイス生活( 76 )

チャリティーバザー!

5月1日はCharity Bazaarでした!

5月1日なのでデモも心配だったし、お友達が早めに帰らなければならなかったので、バザー開始の11時に到着するように行ってきたのですが、これが正解でした。

混雑する前だったので、会場内をゆっくり見て回れたし、出店しているお友達やお手伝いしているお友達ともお話できることが出来ました。以前勤めていた時にお世話になった方々や、ご無沙汰していた知人の方々とお会いできて嬉しかったな。

会場には陶芸、写真、折り紙等のアーティストの方々がそれぞれお店を出していました。小さいスイスですが、色々な分野で活躍されている方が沢山いらっしゃる事に驚きました。

こちら勝利品?の一部。まずは、bebejewel*のFreundschaftband。赤と白のバンドに加え、ピンクや水色、オレンジの新しい色も仲間入り。お友達にもと思っていくつかゲットしてきました♪
e0089710_21542298.jpg

Recovery Nippon ProjectのチャリティオリジナルTシャツを坊に。
e0089710_1815883.jpg

グレーと赤のコンビネーションがワタシ好みです。

食いしん坊のワタクシ、美味しい物もちゃーんと買って帰りました。パティシエ高橋さんのシュークリームでしょう、Washokuさんの幕の内弁当(ブログにいつも登場しますね 笑)、和菓子の数々(写真は我慢できずに会場でいただいた「いちご大福」)。
e0089710_2235972.jpg

カレー美味や焼きそばも、あぁそしてビールもとっても美味しそうでした。

お昼を過ぎたくらいから混みだして来たので、私達は会場を後にしましたが、午後には盆踊り等楽しいイベントも沢山あったそうです。

次回開催は8月だそう。また行けたらと思っています♪
[PR]
by lia-swiss | 2011-05-01 17:37 | スイス生活

Charity Bazaar

もう皆さまご存知だと思いますが、チューリッヒで発足された
震災支援プロジェクト”Recovery Nippon Project"
による第一回チャリティーバザーが、5月1日(日)、GZ Riesbach (Seefeld)で行われます。
e0089710_1855980.jpg

私も行く予定です♪
[PR]
by lia-swiss | 2011-04-19 17:42 | スイス生活

Freundschaftband

お友達のukoちゃんが運営するbebejewel*
「Freundschaftband お友達バンド」。
e0089710_17293064.jpg

息子とお揃いで着けてます♪
[PR]
by lia-swiss | 2011-04-19 17:38 | スイス生活

ありましたっけ?

引っ越してきてから全く気がつきませんでした。
e0089710_17155881.jpg

ご近所さんから「貴方の庭の桜の木、とっても素敵ね~♪」
え?ありましたっけ?桜の木なんて??

裏庭だったので全然気がつきませんでした。
e0089710_17161039.jpg

とっても綺麗。
[PR]
by lia-swiss | 2011-04-18 17:18 | スイス生活

この想い、届け!

只今チューリッヒ インターナショナルスクールでも募金活動が行われています。

子供達もこの募金活動に参加するするという意味で、義援金5フランにつき生徒一人が折り鶴を作る事になったそう。ついては折り鶴を子供達に指導する人を募集とのことで、日本人女子とは思えないほど手先が不器用な私ですが(汗)行って参りました。

当日、皆で一緒に指導するものと思っていたら、指導者1人につき1クラスが割り当てられ、Lia緊張・・・。ティーンの子供たちを目の前に緊張。暫く英語を使っていなかったので更に緊張。日本の事、千羽鶴について「Liaに質問」の時間が設けられていて、もはや緊張を通り越し冷や汗。先生達に助け舟を出して頂いて、どうにか乗り切りました。

さて、ここまでが長く感じられましたが(笑)、ようやく折り鶴の時間。家で予習してきてくれた子供たちが他の子供たちを積極的に指導してくれたお蔭で、私の出番は殆どなかったと言ってもいいくらい。当初は一つか二つ出来たらOKとの事でしたが、皆頑張って沢山の折り鶴を作ってくれたので、最後は折り紙が足らず、色紙を正方形に切って折り紙を作りました。

「日本の皆さんは英語のメッセージが読めるの?」と心配する子供たち。出来たら日本語で書きたいと言うので、何と書きたいのか聞いてみると「HOPE」との事。見様見真似で一生懸命「きぼう」と書いていた子供たちの姿がとても印象的でした。
e0089710_17213399.jpg

「人生初めての日本語だね!」と言うと嬉しそうにしていました。

出来上がった折り鶴の中には正直あれれ?(笑)という物もありました。でも、いいの。綺麗な鶴じゃなくても。皆が頑張って作ってくれた事、被災地の方々を想ってくれた事が大切なのです。
e0089710_172112100.jpg

子供たちからの想い、どうか被災地の皆さんに届きますように!
[PR]
by lia-swiss | 2011-03-28 20:11 | スイス生活

バレンタインデー

日頃から坊を可愛がってくれる方達にThank youカードを送りたいなと思っていたところ、タイミング良くバレンタインデー。坊が選んだトイシャーの小さなハート型のチョコレートを坊の手作りカードと一緒に送りました。

バレンタインデー当日。届いたわよ~♪と早速義母からお礼のお電話が入りました。坊の他に義父からも(同じ家に住んでいるのに)チョコレートが郵便で届いたらしく、こんな幸せな日ってないわ!と大喜びでした。坊に手作りのシロップをプレゼントしてくれた実家のご近所さんへも送ったのですが、彼女から義母に連絡があって「嬉しくて手が震えたの!」とこれまた喜んでいただいたご様子。この日坊は皆からお礼の電話やカード(後日)をもらって少々照れくさそう&嬉しそうにしていました。ちょっとした事なのだけれど、皆が幸せな気持ちに。そういう事が坊にも伝わっているといいな。

夫に電話をした時に義父のチョコレートの事をついでに教えると「何かやましい事でもあるに違いない 笑!」ですと。バレンタインデーなんて、という人なので、完全スルーかとおもいましたが、私にもありました嬉しいサプライズ。私から義父の事を聞いてスルーするに出来なかったのでしょう(笑)。

「大きい~!綺麗~!僕に?」ママへのプレゼントとだと知って暫く愚図る坊なのでした。
e0089710_16475677.jpg

バラ一輪でも私は嬉しかったのだけれど。

坊も義父&パパを見本に?!ロマンティックな演出の出来る(???笑)男性にどうぞ成長してください。
[PR]
by lia-swiss | 2011-02-14 16:46 | スイス生活

秘密の言葉

坊が幼稚園に通うようになってご近所さん達、ママさん達との交流がぐーんと増え、スイスドイツ語分からん!と逃げてばかりいられなくなってしまいました。

理解度は以前とあまり変わっていないと思われるのですが、度胸がワンレベルアップ。まっ分かんなくてもいいかっ!と肩の力を抜いてお付き合い出来るようになってきたのではないかな、などと思っています。ところがですね、この地域のスイスの方達の輪の中に少しずつ溶け込めてきたのではないかしら、と嬉しく思っていたところに、ちょっとショックな事が。

坊がお友達x2名に「坊のママ、僕の分からない言葉で話すから好きじゃなーい。」「標準ドイツ語で話すしねー。」と言われたらしいのです。坊と話す時は日本語ですが、お友達も一緒の時は皆にも分かる様にとドイツ語で話す様にしていました。日本語で話されるのはイヤという気持ちは分からないでもないですが、理解できる標準ドイツ語も駄目?みたいな。日本でも方言を話す地域では標準語で話されるのはイヤなものなのでしょうかね。

まぁ、そう言ったお友達の1人のママも私と同じ外国人。何だか腑に落ちませんが(笑)、子供の言っている事なのであまり深く考える事もないのでしょう。ただ、日本人であるママの事や自分にも日本の血が流れている事、日本語を話す事が恥かしいと思う様にはなって欲しくないので、夫と一緒に坊に分かる範囲で(これがまた難しい!)説明しました。

坊にそう言われた時は悔しくて(笑)「えぇ~ママなんてねぇー英語だって話せるんだよー!ママの方が~君のママよりドイツ語上手いと思うけどなぁ~。」かなり大人気ない態度を取ってしまった私。坊はだんまり・・・だし、夫は大苦笑。はい、子供相手にムキになる事でもなかったですね。反省。。。

スイスでは日本語は坊とママの秘密の言葉。皆分からないんだから。カッコいいんだからっ♪ どうぞ誇りに思って下さいな。
[PR]
by lia-swiss | 2011-02-07 21:36 | スイス生活

素敵なお家

お友達ファミリーのお宅に招待していただきました。

同じ町に住んでいて、家族で同じテニスクラブに所属、子供も同じ年。そして、夫の元上司!でも日本と違ってスイスでは必ずしも「上司=部下より偉い」ではないので、彼のチームで働いている時からとってもフランクなお付き合いをさせて貰っています。

お宅拝見大好きな私。行く前からわくわく♪ どんなお宅なんだろうな~胸躍らせて行って来ました。結論から言いますと、いや、本当に、もう私のハートをズキュンなお宅。今スイスで流行っている家は、私にはどうもモダン過ぎて(なんかホテルみたいで・・・)個人的にあまり好きではないのですが、流行も程よく取り入れつつ、そこにはちゃんと温かみもあって・・・バランスの取れた素敵なお宅でした。そうよ、こういう家が良かったのよ~。

比較的新しい家という事もあり、感心するほど全て使い勝手が良く出来ています。古い家は温かみがあってが私は大好きなのですが、新しい家は何でも全て機能的に出来ていて便利。間取りが本当によく出来ていて無駄なスペースがありません。そして家を購入する上で最も重要である立地がまた素晴らしいときた!決して目を引くようなゴージャスな家じゃないんですよ。普通のお家。でも住み心地が何より第一な私達夫婦なので、このお宅にフォール・イン・ラブ♪でございます。

子供がもう少し大きくなったら市内にマンションでも良いかと思っているのよね、と奥様。本当に?!本当ですか??その際には是非是非!お声を掛けていただけたらなと思います(買えるかどうかはまた別問題ですが・・・)。

お土産に持って行ったデザート。
e0089710_18204692.jpg

子供達はアイスが良いと言い出したので大人が選び放題食べ放題。で最後に残ったのは一つ・・・。私と奥様は一つしか食べてませんよ~笑。
[PR]
by lia-swiss | 2011-02-02 18:23 | スイス生活

謹賀新年

明けましておめでとうございます。
皆様にとって2011年も素晴らしい1年になりますように♪
今年もどうぞ宜しくお願い致します。

さて、今年初めて「年越し」をした坊ですが、12時を過ぎたら撃沈。私達が寝たのは4時近く。まぁ坊も夜更かししたので朝は遅いだろうと思っていたのですが甘かった。起床は通常より一時間遅い8時。なぜ???

すこぶる元気な坊に午前中は私が付き合いました。午後は夫にバトンタッチ。2時間程のお昼寝を終えてリビングに行くと、ソファーで寝息を立てている夫を発見。で、坊は?と聞くと、外でお友達と花火をしているから、と。で、あーたはここで何してらっしゃるの?と私。大きなお兄ちゃんが一緒だから大丈夫、と夫。・・・新年早々とび蹴り食らわす大喧嘩になるところでした。水と火だけは特に気をつけてもらわないと困ります。小さい頃火遊びして背中に火傷を負った方の言葉とは思えませんよ・・・。

さて、気持ちを切り替えて。お友達が分けてくれたWashokuさんの御節料理をいただきました。お雑煮も作ったりして、スイスに来て以来初めて・・・ほんの気持ち程度ですが・・・お正月らしい事してみました。
e0089710_18334437.jpg

お節は夫が苦手なので今まで用意した事はありませんでしたが、坊は意外とイケるみたい♪ 来年は我が家でも用意してみようかな。
[PR]
by lia-swiss | 2011-01-01 18:32 | スイス生活

シルベスター

シルベスターは毎年お友達と我が家でディナー。

お友達が着物を着て登場してくれました!
e0089710_18191724.jpg

その美しい着物姿を見て照れている坊。やっぱり日本の血が流れているのね、キミには(笑)。

まずはアペロ。男性群はおススメワインを持ち寄ってテーブルに並べていました。その数6~7本。どーんと並ぶワインのボトルを眺めながらご満悦な様子の彼ら。その中から飲みたいワイン、是非飲んでもらいたいワインを選び抜いてボトルを開けます。私達女性群はお酒抜きカイペリーニア。とうもワインという気分ではなかったのですが、美味しい!と男性群が絶賛していたので私も一口もらいました。確かに!これは美味しい。
e0089710_18201595.jpg

毎年お友達と前菜、メイン、デザートの担当を決めて豪華なディナーにしていましたが、今回は簡単に豚しゃぶ。前回食べた豚しゃぶがあまりにも美味しかったのでリピートです。
e0089710_18193349.jpg

前回と同じところでオーダー。お値段もお手頃だし、何といっても美味しいんだ、これが。
e0089710_18195537.jpg

私達日本人にはポン酢&大根おろし、ゴマダレ、食べるラー油。スイス人達には、タルタル、ベアラウフのソース、ハニーマスタード、トリュフ入りソース、その他3種類のソースを用意しました。私達はおうどんをいただきましたが、彼らはフレンチフライ。お野菜も沢山用意しましたが、積極的に食べていたのはやはり日本人でした。同じテーブルで同じ鍋をつついていても食べ方が全く違う私達なのでした。

デザートにお友達がチョコレートのロールケーキを作って来てくれました。チョコの素敵な飾りもお手製。なんてマメな。。。いつも本当に頭が下がります。。。
e0089710_18202872.jpg

デザートをテーブルに運んだら外から激しい花火の音が。。。胸騒ぎがして時計を見てみると、あら12時。カウントダウン、ミスってしまったみたい!ラジオをつけておいたのに音楽専門のチャンネルでウントダウンがありませんでした(涙)。急いでグラスを片手にかんぱーい。おめでとう!今年もどうぞ宜しく!今年は坊も一緒に年越しです♪ 

年越し蕎麦ではなくて、デザートを皆一緒に食べました。日本の「年越し」という雰囲気はないけれど、「明けましておめでとうございます」という雰囲気ではないけれど、だから寂しいと感じる事はなくて。だってここはスイス。お祝いの仕方が違うだけ。大好きな家族と一緒にいられる事が何よりの幸せです。
Gutes Neues!
[PR]
by lia-swiss | 2010-12-31 18:18 | スイス生活