スイス・チューリッヒ在住。スタバで一緒にコーヒー飲んでくれるママ友募集中!


by lia-swiss
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2006年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

銀のスプーン

ここスイスで仲良くしてもらっているお友達から、坊にとプレゼントを頂いた。

銀のスプーン。

e0089710_3461733.jpg








それも、私の大好きなティファニーのもの。

銀のスプーンをくわえて生まれた子は一生涯お金に困らない、とか、幸せになる、なんて言い伝えがあるらしい。

もう、すっごい可愛い。すっごい嬉っ~。

自分の物にしちゃおうかしら・・・。なんちゃって。

ありがとう~!
[PR]
by lia-swiss | 2006-01-29 19:39 | 坊①

歯だ~

最近はなんでも口に入れる坊。お気に入りは、私や夫の指。歯茎でハグハグと噛むのが好きなよう。今日一緒に遊んでいる時にいつものように何気なく私の指を噛ませていた。歯茎のわりにはなんだか硬い感触。これなんだろ。と坊の口の中を覗いてみると、なんと下の前歯が一本生えてる!おめでとぉ~。産まれて初めての歯じゃないのっ!速攻夫、日本の両親、そして義理の両親、み~んなに電話かけまくってお知らせしました。

毎日どんどん成長していく坊。嬉しいけど、そんなに急がないで!ママに赤ちゃん時代をゆ~っくりと楽しませてちょうだい。
[PR]
by lia-swiss | 2006-01-25 19:00 | 坊①

自分の両手を中にかざして、ジッと見つめたり、指を絡めて遊んだりしている坊。
ようやく“僕の手”だと認識始めたんだろうなと思う。
手を思うように使えるようになってきたから、いろいろな物を触ったり、引っ張ったり、楽しくて仕方がないみたい。でも、ママはそんな坊に授乳するの、大変です。
飲みながら、手をブンブン振り回し、私の髪の毛とか引っ張るし、ほっぺとか、挙句の果てには、気にしている顎のあたりのお肉や二の腕あたり、思いっきり鷲づかみ。人の顔とか容赦なくバシバシ叩くし。自由に動くようになって嬉しいのは分かります。でもママにもうちょっと優しくして下さい(涙)。
[PR]
by lia-swiss | 2006-01-22 20:27 | 坊①

寝返り練習中

坊くん、ただ今寝返り猛練習中です。

左手が下に入っちゃって、これ以上回転できません。
e0089710_20354251.jpg

あとっちょっと。がんばれ~。う~~~~~。
e0089710_2036165.jpg

ゴロン!はぁ、はぁ。できました~。
e0089710_20361655.jpg

ごめんなさ~い。嘘です。ママちょっとズルして手伝っちゃいました。

さて、次は一人で出来るかな?
[PR]
by lia-swiss | 2006-01-21 20:34 | 坊①

痛いんですけど・・・

最近坊は私のおっぱいを歯茎で噛む!更には引っ張ってみたりする。これが痛いのなんのって。なんで噛むんだろうな、と思ってネットで調べてみたら、書かれている理由はだいたいこの3つだった。

1.寒さで硬くなった乳首をほぐそうとするため。
2.遊び。ママの痛がる反応を楽しむ。
3.母乳がまずい。おいしくないんだよぉ~っ、というメッセージ。

母乳が不味かったら嫌だな、なんて思いながら更に調べてみると面白いことが書いてあるサイトを発見。そのサイトによると、
母乳が美味しいと赤ちゃんは目を開けてママの顔をしっかり見ながら飲むが、不味いと寝たふりをしたり、飲んでいるふりをして母乳を拒否する、
・・・らしい。

赤ちゃん、寝たふり?!

寝たふりなんて小技駆使して母乳拒否するなんて(まぁ、本当かどうかは???ですけどね)、今まで赤ちゃんを甘くみていたわ。
“ゲッ、今日マズっ!そんじゃ、ここらでいっちょ Zzzzz...”
なんて考えながら寝たふりをしている坊を想像しただけで、可笑しいやら、可愛いやら。

うちのは飲み終えてから噛むし、ニコッと笑うので、どうやら母乳が不味いというわけではなく、2番の私の反応を楽しんでいるよう。とりあえず、母乳は大丈夫のようで一安心。

ちなみに、噛まれたら無理に引っ張らないで、赤ちゃんの鼻を軽くつまむとちゃんと離してくれるようです。
[PR]
by lia-swiss | 2006-01-17 04:10 | 坊①

つかれた・・・。

坊が風邪をひいて、ここ2日間私たち寝不足。

鼻詰まりが酷くて息苦しいのか、寝付きが悪くてそりゃもう大変だった。
普段は8時半くらいに寝ると、朝まで2回、運が良ければ1回だけ授乳すればいいだけなのに、ここ2日間は、ほぼ3時間ごとに授乳。そして次の授乳までの間2,3回程起こされるという始末。

坊が目を覚ます度におしゃぶりを銜えさせるんだけど、鼻が詰っているもんだから、おしゃぶりを銜えていると息苦しくなって余計に寝付けない。詰ったお鼻をどうにかしなきゃと、スポイトみたいなので鼻水を吸い取ろうとすると、嫌がって大暴れの大泣き。やっとのことで鼻を掃除し終えれば、今度は興奮しちゃってお目パッチリ!なかなか寝付けない。やっと寝つけたかと思うと、30分後にはまた息苦しくて目を覚ます・・・なんてことを何度も繰り返しているうちに、いつの間にか朝に・・・。

私たちこの週末はクタクタ。

DINKSの時は、週末は昼くらいまで2人でベッドでゴロゴロしてたもんだ。あんなマッタリした日々っていうのはもうないんだろうなぁ・・・。
[PR]
by lia-swiss | 2006-01-15 04:44 | 坊①

かなりきてます

うちの坊、今日は何がお気に召さないのか、抱っこすれば肩にゲー、胸元にゲー吐きまくり。上半身を起こせば、飲んだばかりのミルクを私の顔一面に万遍なく。おしめを変えようとすれば、おしっこ噴射。キスしようとすれば、ハックション鼻水攻撃ときたもんだ。
ママ、今日何か気に障るような事しちゃった(涙)?

気づけば、何だかミルクくさい自分。
気づけば、かなーりやばい状態の私。

家にいる時は、髪の毛は引っ張られ予防のため常時ひっつめた状態、着るものはTシャツにスウェットパンツ、しかも夕方にはシミだらけ・・・。下着なんてマタニティー用を未だに着用・・・。だってお腹までちゃんとカバーしてくれて暖かいんだもん。

いいのかっ、こんなんで (汗)。

今年は夫にブラピ目指してもらいましょう、なんてこの前言っちゃったけど、その前に自分をよぉ~く見てごらんって。ジェニファー・アニストン?あ、離婚しちいゃったんだよね、確か。モトイ、現在の彼女、アンジェリーナ・ジョリー・・・目指す?キャー。ブラピだなんて、そんな事冗談でも夫に言える立場じゃありません。アンジェリーナ反撃にあうのは目に見えてる。

そのうち歯止めがかからなくなって、膝下ストッキングを膝丈スカートとコーディネートとかしてお出かけしちゃったりするんじゃない、私。夫に愛想つかされる前に何とかせねば・・・。

とりあえず・・・

脱マタニティーパンツ・・・

からいっとこうか。
[PR]
by lia-swiss | 2006-01-12 05:24 | ひとりごと

できること

今私の一番のLuxな時というのは、シャワーをあびている時。夫に坊をみててもらって、ゆっくり浴びる。誰にも邪魔されないし、慌てなくていいし、坊以外のこと考えられる私の時間。今日も熱いお湯を浴びながら、こうやってきれいな、あったかーいお湯で体を洗えるなんて幸せなことだよなぁ、しかもこの水絶対飲めるし・・・とフッと思った。そんなキレイなお水をじゃんじゃん使って体を洗う私たち。なんて贅沢な!感謝の気持ちを忘れてはならないな~。

うちはWorldVisionとかいう団体に毎月いくらか振り込んでアフリカの子供に寄付している。私達が実際身近にできることはお金を寄付することくらいだし、と思って数年前から始めた。でも、正直な話、自らアフリカに行って私達がスポンサーしている子供に会いたいとか、直接何かの役に立ちたいとかは思わないの(ごめんなさい)。
仕事を辞めて途上国へと旅立ち、少しでも力になればとボランティア活動に励む人、孤児を引き取って養子にする人、そんな人達の話を耳にすると、すごいなぁ、と胸が熱くなる。
それじゃ、私も!って思わないところが悲しいところなんだけど・・・、でも、後ろめたい気持ちにならなくてもいいんだよね、きっと。私のような一般人にまず簡単にできることといえば、寄付すること。お金で解決できる話であるのなら、できる範囲で寄付すれば良いんだと思う。

うちの坊がすくすく育つのみて、あーなんて恵まれているんだろうなと思わずにはいられない今日この頃。私も好きな物好きなだけ食べているからお蔭様で母乳ジャンジャンでるし、もし母乳がたらなければ市販のミルクだってある。きれいなベットに、布団、使い捨てのおしめに、おしゃぶりに、おもちゃ・・・なんでも手に入る。じゃ、貧しい国の子供達のことを思って、今後慎みます、ということじゃないんだけど、こんなスーパー恵まれた環境で子供を育てられる、ということは忘れちゃいけないなぁ~、頭の片隅でもいいから入れておかなくちゃな、と。

そんなんで、私のLuxなシャワー時間は更にグレードアップしてSuper Luxな時間となった。でも、髪の毛シャンプーで洗うときくらいは、せめてお湯をとめてみようかな・・・(でも冬は寒い・・・)と思う。
[PR]
by lia-swiss | 2006-01-09 00:32 | ひとりごと

もうしませんっ!

今までの車はバギーをトランクに入れたら他は何も入らなくて不便だったので、大きめの車に買い換えた。物は沢山入るから便利なんだけど、なんせ大きい。特に経験の浅い、ようやく運転に慣れてきような若輩者の私には、馬鹿でかい車。狭いところに駐車したりするのまだまだ怖いので、いつも慣れた大きな所しか行かない。それでも最近は運転も大分慣れてきて、街に出て買い物したり、友達の家に遊びにいったり、夫を迎えにいってあげたりと、徐々に自信がついてきたところだった。こんな大きな車でも結構運転できるじゃん、私っ、なんて。でも実際、運転のテクニックはまだまだ。お粗末だなぁと思うのは駐車。なんか後ろの車の存在がプレッシャーとなり焦ってしまうんだなぁ。

昨日もその典型だった。いつも駐車し慣れているパーキングだったから大丈夫だろうと思っていたんだけど、空いていた場所が結構狭くて、しかも右手には大きな柱が・・・。大きくカーブをしてゆーっくり入ったんだけど、やっぱり一度では入りきれず、バックすることに。この時点で後ろで待っている車に焦っている私。そんな中、前方のパークセンサーが左隣に停まっている車に対してピーピーと狂ったように鳴り響く。右側には柱があるからもうバックできないし、前にはこれ以上進めないし、どうしたらいいのぉ、と思っている矢先に、ズバッという音とともに夫のストーップ!!!という叫び声が・・・。右ドアが柱に・・・。右側は夫がいたから見てくれているだろうと思ってどこか安心していたのか。いや、でも自分でも確認していたはず。・・・あっという間の出来事で、頭が混乱。
すぐにでも夫に運転を代わって欲しいところだったんだけど、そう、右ドアは柱に押され開かないので、どうにか自力でバックして、ドアが開けられるようになったところで夫にバトンタッチ。
後ろの車の存在なんか気にして焦ったからだ・・・。どうしたらいいの?と思った時点でストップして、夫に代わってもらうなり、一度外にでて距離の確認したりできたはず。焦って変にハンドル切るからこうなるんだよぉ。自己嫌悪。

車を降りて右ドアを恐る恐る見てみたら、なんと幸運なことに、かすり傷一つ無かった。実は、柱にはかすり防止用にゴムみたいなのが巻いてあったのだ。でも全然ホッとできない。あの瞬間のことを考えると怖くて怖くて。かなり焦っていたから、下手したら左隣の車にもぶつけていたかもしれない、なんて考えると今さらながら心がドキドキしてしまう。夫は練習すればいいんだというけれど、もう運転したくないよ。これからは公共の乗り物を使って移動するっ(涙)。
[PR]
by lia-swiss | 2006-01-07 19:13
大晦日は子連れのお友達夫婦を自宅に招待してディナー。

彼らたちの子供はうちの坊よりも2ヶ月年上のお兄ちゃん。もうお座りも、寝返りもできる。たった2ヶ月、されど2ヶ月。成長の差はやっぱり大きいんだな、と実感。2人一緒、兄弟みたいだねぇ、なんていいながら写真撮ったり、ビデオ撮ったり、親ばか丸出しの私たち。だって本当にかわいいんだもの。2人で見つめ合ったりしている時、何を考えているんだろう。友達だぁ、なんて思ったり・・・しないか・・・。”どうやったら僕の口にはいるかなぁ”なんてこと考えてたりして。
e0089710_1936965.jpg

子供たちにご飯を食べさせたり、ミルクをあげたり、おしめを変えたり、なんだかんだしている間に、私たちがやっと前菜を食べ始められたのはすでに8時過ぎ。

前菜には手巻き寿司を用意。マグロ、サーモン、海老などチューリッヒのメルカートで調達。前菜だからあまり食べ過ぎないように!って言っておいたのだけれど、無駄な試みだった。嬉しかったみたいで、凄い勢いでぜーんぶ食べてくれた。気に入ってくれて良かったけど。

メインは夫が腕をふるってFilet Wellingtonを作ってくれた。牛ヒレ肉をパイ生地で包んでオーブンで焼いたもの。まず、お肉にオリーブオイル、塩、胡椒をふり、熱したしたフライパンで焼き色がつく程度にサッとに焼く。お肉の熱がさめたら、マスタードをお肉に塗って、そして、マッシュルームとパセリをガーリック、バター、生クリームで炒めたものをマスタードの上からつける。パイ生地の上に、細かいパン粉を広げ(余分な水分を吸収してくれるらしい)、そこにお肉をのせ、ベーコンをのせてから、パイ生地で包む。
e0089710_1742244.jpg

生地が余ったからといって、ドルフィンの型で切り取った生地を飾りにつけてくれた。
e0089710_17394939.jpg

ここまではかなり上手くいったんだけれど、彼、オーブンで焼いている間話に夢中になって、お肉の存在忘れちゃったの。で、こんなになっちゃった。
e0089710_1740780.jpg

でも切って中のお肉をみてみたら丁度よく焼けていたし、切り分けちゃえば焦げた部分は結構気にならなかった。それに、これくらい焦げてる方が、可愛いドルフィンたちも良く見えるってもん。大丈夫、夫よ。これくらいじゃ失敗とは言わないから。

前菜がお寿司だから、付け合せは軽くサラダとトマトとハーブのオーブン焼き。お肉にはグレイビーソースをかけて、はい、いただきます。さて、お肉のお味の方は、というと、かなり美味しかった!夫はかなり心配していて、ピザの宅配でも頼むか、なんて言っていたけれど、大丈夫だったよ。成功、成功。
e0089710_17525050.jpg

デザートは友達が持ってきてくれた、チョコレートケーキとフルーツサラダ。
おいしいねぇ、なんて食べてたところで、フッと時計を見てみると、すでに12時7分前。
慌てて、シャンペン、グラス、そしてラジオを持ってテラスへ。テラスから花火を眺めながらのカウントダウン。いたるところで花火が上がっていたから、うちの坊と友達の赤ちゃんが起きてしまうんじゃないかとハラハラしたけど、あの騒音にもかかわらず、ぐっすり寝てくれた。大丈夫じゃなかったのはうちの猫たち。花火の音に腰抜け状態で、ソファーのしたに身を隠したまま暫く出てこなかった。スイス建国記念日と大晦日は花火がすごいから猫ちゃんたちには酷だなぁ。可愛そうに。

私たちはワイングラスを片手に、結局朝の2時までおしゃべりに花を咲かせ、そして解散した。久しぶりの夜更かしで結構疲れたけれど、やっぱり同じような歳の子供を持つ彼らたちとは話も合うし、楽しかった。2006年も一緒に子育てのことで悩んだり、楽しんだりできたらいいな。
[PR]
by lia-swiss | 2006-01-01 20:30