スイス・チューリッヒ在住。スタバで一緒にコーヒー飲んでくれるママ友募集中!


by lia-swiss
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2006年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

適齢

ますます歩数記録を伸ばしている坊。
それはそれで嬉しいのですが、昨日もまた転んで口の中を切っていました。
これから生傷が絶えなさそうです・・・。

さて、その坊。昨日CDの入ったプラスティックの入れ物を欲しがるので渡したら、すごく集中して蓋を開けることに集中していました。最初は結構思うように開け閉めできて、本人もその出来に満足げだったのですが、疲れてくるんでしょうね~、ずっとやっていると。後半はなかなか蓋が開けられないことに苛立って、その入れ物を床に投げつけて、悔しさのあまり大泣きしていました(笑)。

ほっぽり投げたくせに、やっぱり気になるらしくまた手に取るのですが、手に取ると悔しさがこみ上げてくるのか、また投げつける・・・こんなことずっと繰り返していました。しばらく様子を見ていたのですが、なんかライバルを敵視するような目でその入れ物を睨み付けていたので、これ以上興奮させたらいけないと思って、最後は隠してしまいました。

おもちゃには大体適齢年齢が表示してありますよね?この時、妙に納得してしまいました。

坊、もうちょっと大きくなったらね。それまで、しばらくの間お・あ・ず・けっ(笑)!
[PR]
by lia-swiss | 2006-08-31 19:13 | 坊①

割り込み、コラ!

今朝スタバでコーヒーを注文する順番を待っていたところ、後ろから若い女性が私と私の前にいた彼女を何食わぬ顔で通り過ぎて、レジの前まで行った。
私も私の目の前の彼女も、順番を抜かされる!と思ったので、ちょっぴり警戒態勢に入ったのだけれど、その女性はレジ前でどうもメニューを見ている様子。

ここのスタバは、混んでくるとレジ一人の他に注文だけ先に取ってくれるスタッフがでてくる。この人にまずコーヒーを頼んで、順番がきたら自分が頼んだものをレジの人に告げてお勘定、という流れになる。

私の後ろにはすでに5人ほど並んでいたので、案の定スタッフが一人レジの横に立って、並んでいる私たちの注文を取ろうとしていた。その瞬間、そう、あのレジの前でメニューを眺めていた女性が、一番乗りで何食わぬ顔して自分のコーヒーをそのスタッフに注文した。レジでは私の番だったのだけれど、注文を済ませたその女性は割り込んで会計も済ませるつもり。そう簡単にはいかないわよ~、と先に注文しようと思ったのだけれど、結局レジのおじさんが彼女の会計を済ませちゃったよ。

割り込んできたら、トントンって肩を叩いて、“すみません、次は私の番ですので。あしからず~。”って言う心構えもしていたのにな~。結局何もいえなかった。タイミングって、なかなか難しい。
それにしても、本人、至って平然としているのね。すごい。

前も坊を連れてプールに行った時、入場料を払うために5組ほど列をなして並んでいたのだけれど、そこでも私の前に割り込んできた赤ちゃん連れのママさんがいた。彼女なんて、それは大胆にバギーを私の前につけて、“私、ここから入らせてもらいます!”と言わんばかり。でも、私とは絶対目を合わせない。私も前の人と距離をあけないように、頑張って坊の座っているバギーでディフェンスしたんだけれど、結果あっけなく負けた。割り込みのプロだ!君は!
あの時も結局何も言えなかった私。後になってから、キ~!!!となって、何か言ってやればよかった!なんてことが殆ど。

アメリカ人って、こういうマナー違反の人たちがいると、必ずと言っていいほど注意する人がいるし、それに注意の仕方が慣れていて上手。普段と変わらぬ口調で、“私の番ですよ。割り込みは駄目よ。”って。スイスは、割り込み自体はそうある事ではないけれど、あっても基本的に誰も何も言わないのね。

抜かされた時は、メラメラ~とくるのだけれど、翌々考えたら、割り込まれても大した時間のロスにはならないから、ま、いいのかしら、と。
一人や二人、ちょっと抜かされたくらいで、メラメラ~っと来ちゃいけない。
どうぞ~って入れてあげるくらいの気持ちでいかなくっちゃいけないんだけれど・・・ね・・・。
[PR]
by lia-swiss | 2006-08-30 04:18

走るのが好き!

歩けるようになってから記録更新中。今日は8歩程歩きました。
まだまだ不安定で、その歩く姿はまるで酔っ払い(笑)。

そんな調子なので、今のところ主な移動手段は、まだまだハイハイか高ばいですが、もっともっと早く移動したい時は、こうやって籠の箱を使います。

床の上で箱を滑らせながら、家中をパタパタパタ~!勢いよく走り回ります。
e0089710_421583.jpg

e0089710_4221261.jpg

例え大好きなクマさんでも、邪魔する者は容赦しません。

これ、軽いし、小さいので、小回りがきくらしく、ママとパパに助けてもらわなくても、方向転換が一人で出来ます。行きたい所に自由自在に一人で行けるのが、かなり嬉しい様子。

この箱につかまってダ~と突進してくる坊。予想外の速さで追いかけてくるので、家の猫ちゃんたち、かなり焦って本気で逃げてます(笑)。
[PR]
by lia-swiss | 2006-08-25 04:22 | 坊①

初めの一歩♪

先日、坊が初めて1歩、2歩、歩きました~!!!
そして、今日は3歩です。

ここ数日、ちょっと目を離した隙に、転んで口を切ること2回ほど。最近はつかまり立ちも、一人でたっちする時も、かなり安定していて、大胆に転ぶことが殆どなかったので、なんでここに来て続けて2回も口を切るかな~、と思っていたところなんです。膨れ上がったアヒルのような唇の訳は、そういうことだったの?歩く練習してた??

歩いた時、坊はすごく得意げで、嬉しそうでした♪

先週、キャナちゃんのお宅にお邪魔した時に、もうスタスタ歩ける、拓真くん、ceyくん、エルたんに刺激されたのかな?皆が歩いてどこかに行ってしまうと、ついて行きたくても行けなかった坊。きっと寂しかったのかもね。それとも、悔しかったのかしら?きっとあの日、次に皆に会う時までには絶対歩いてやるぅっ!と心に誓ったに違いない(笑)。
[PR]
by lia-swiss | 2006-08-21 03:45 | 坊①
昨日、坊がめでたく一歳の誕生日を迎えました。

一歳の誕生日パーティーというと、どうしても大人のものになってしまいがちなので、せっかくの坊の記念すべき日、坊が一番楽しめるようなパーティーにしたい!と思い、育児ブロガーチューリッヒ支部皆さん、chiemiちゃんflumさんKanaちゃんmeiz-bikさん、そして、ukoちゃんのお子様たちをパーティーに招待させて頂きました。ママもパパももちろんWelcome! 皆さん一家そろって我が家まで来てくださいました。
坊のゴッティ、ゴッテとその彼氏も駆けつけてくれて、総勢21人のパーティーとなりました。

More
[PR]
by lia-swiss | 2006-08-12 18:09 | 坊①

Blinde Kuh

先日、Blinde Kuh、直訳すると盲目の牛、というレストランに行ってきました。

チューリッヒ在住の方なら、もうすでにご存知かと思われますが、このレストランは、真っ暗闇の中でお食事をするということ、そして、ウェイターは皆盲目の方々ということが特徴なのです。

古い教会を改築したレストランに入ると、そこはロビーになっていて、レセプションがあります。レストランへの入り口は、真っ黒いカーテンで仕切られていて、そこから先はこちらからは全く見えません。

More
[PR]
by lia-swiss | 2006-08-04 22:10 | おでかけ