スイス・チューリッヒ在住。スタバで一緒にコーヒー飲んでくれるママ友募集中!


by lia-swiss
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2007年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

コミュニケーション

坊が毎日コツコツ習ってきたことを披露する発表会みたいな時期が数ヶ月毎に必ずやってくる。昨日まで出来なかった事を次々とこなし、それを私達に得意げに披露する坊にビックリさせられる日々。その時期が過ぎると次の発表会に向けてまた坊の修行の時期がやってくるらしく、平凡な?!毎日が戻ってくる。

今回の発表会のテーマは、コミュニケーションだったらしい。

この一ヶ月ほどで私達の言っている事をかなり理解出来るようになってきた坊。お腹空いているの?パン食べるの?ミルク飲む?疲れた?寝る?お風呂入る?程度の質問だと、首を縦・横に振って、ちゃんと答えてくれるようになった。これは日本語でもドイツ語でも理解度は同じよう。

この間、坊が夜中に大泣きしながら目を覚ました。全然泣き止まないし、すごく興奮している様子だったので、暫く抱っこすることに。大分落ち着いてきたので、怖い夢見たの?と聞いてみると、坊はおしゃぶりを銜えたまま、うんうんと頷いた。
私:ミルク飲む?
坊:首を横にふる。
私:もう大丈夫?
坊:うんうんと頷く。
私:じゃ、一人で寝れる?
坊:うんうんと頷く。
で、教えてくれた通りにベッドに連れて行くと、そのまますんなり寝てくれた。これはかなり嬉しかった。
こんな具合に色々聞いてみるとちゃんと答えが返ってくるので、坊の欲求を満たすことも以前よりは大分簡単になった。

私達が言った言葉をよく真似るようにもなった。何度も繰り返し言っているうちに頭に入るようで、そうやっているうちに語録も段々増えてきた。

ママ、マミィ、パパ、パピィ、ワンワン(犬)、ミャウミャウ(猫)、クワックワッ(アヒル)、メ~(羊)、モ~(牛)、アウトッ(車)、パ~(パン)、バ~(バナナ)。
他にも、メァ~(もっと)、ノッメァ~(もっと、もっと)は、ご飯を食べている時によく使うように。
椅子から降りたい時に、アバ(下)と言う様にもなった。これ完全にスイス・ドイツ語なので私は最初に言われた時、頭が???歌手のABBAのことでも言っているのかと思った。
お別れの時は、手を振りながらチャオ~、たまに、ツース(チューッス:バイバイのこと)。
自分の顔写真を見たり、鏡に映った姿を見たりする時は、ちゃんと自分の名前を呼べるようにもなった。

ダンテッ(ダンケ: ありがとう)、ビッテ(ちょうだい、の意味の時)、べべ(赤ちゃん)などは私達の真似は良くするのだけれど、意味をちゃんと理解しているかは???

毎回坊の発表会には驚かされ、微笑まされ、大笑いさせられてきた。今回は、坊と私達の間で少しずつだけれどコミュニケーションが確立してきて、坊のことが更に近くに感じられるような気がして、何だか幸せな気分になった。

次の発表会では何を披露してくれるのかな。今から楽しみだな。
さ、修行、修行!!!
[PR]
by lia-swiss | 2007-01-31 05:42 | 坊①

前髪切ったよ

先日、坊の前髪切りました。

ここずっと、切らないとなぁ~、目に悪いよなぁ~、なんて思っていたのですが、なんだかもったいなくって、なかなか切り出せないでいました。でも、この間フルムスコの可愛い前髪を見て、私切る決心(笑)がつきました。

クルクルっと前髪の長い所をつまんで、ジョキ!当人全く気づいていない様子。
人生初の散髪だっていうのにね。

おでこに長い髪の毛がかからなくなって、さっぱりしたね。
さっ、髪の毛を保管する可愛い箱、買わなくっちゃ。

ドイツのHess社の小箱を前から欲しいなぁ、と思っていたのだけれど、amazon.deで調べたらスイスには発送しないとのこと。隣国なのにどうしてじゃ~。
[PR]
by lia-swiss | 2007-01-25 05:43 | 坊①

いたずら

こうやって椅子を持ってきてはイタズラをしでかす坊。
e0089710_6163083.jpg

まだこの子供椅子なら届く範囲も限度があるんですけれど、最近は私達の椅子にもよじ登るようになり、やりたい放題です。

トリップトラップにも一人で登って、座れるようになりました。椅子というより、はしごの様に使っている坊。落ちるんじゃないかと心配で心配で。
[PR]
by lia-swiss | 2007-01-18 05:52 | 坊①
すっかり更新を怠っておりました・・・。

先日(って、一体いつのことだ~・笑)、chiemiちゃんからお誘いを受け、いつものメンバーで遊びに行って参りました。

今回は坊と二人では初めての電車&バスでのお出掛け。前日から緊張だったけれど、あれ、車よりこっちのほうが楽?!なんて思ったほど全てスムーズにいきました。乗り降りでは皆さんが当然のように手伝ってくれるので、感動。お酒も飲めるし(笑)、荷物があまり無い時なんかは、こっちの方がいいかも。

さて、初めて伺ったchiemiちゃんのお宅、きっときっと素敵な物で埋め尽くされているに違いない!とお誘いを受けてから毎日ワクワクの私でした。予想通り、彼女のお家は chiemi World で溢れていました。
e0089710_656936.jpg
彼女が小さい頃から集めてきた素敵な小物や、彼女自身や日本のご家族の方が作った作品が到る所に飾られていて、まるでお洒落な雑貨屋さんのよう。
e0089710_6562874.jpg

泣いている坊もそっちのけで、これも・・・あれも・・・欲しいなぁ~、なんて思いながら(お店じゃないっていうのにねぇ)、じ~っと彼女の宝物たちに見入ってしまいました。

お昼は美味しい鶏肉とメキシカン料理を用意してくれたchiemiちゃん。
e0089710_6592984.jpg

どれもとっても美味しかった!鶏肉がね、揚げてないないのにサクサク、お肉はジューシー。
子供たちにも別にお好み焼きを用意してくれたのですが、このお好み焼きが坊に大ヒット。かなり量があったのですが完食しました。今度私も家で作ってあげよっと。

お食事の後は、ukoちゃんの愛息子ceyくんとキャナちゃんのお誕生日を皆でお祝いしました。
ceyくんには、我らがスポンジの女王、meizちゃんが、3段のショートケーキを作ってきてくれました。
e0089710_782162.jpg

どうしてこんなに膨らむの~?!

ケーキに立てた2本のキャンドルをとっても上手に吹き消すことが出来たceyくん。その可愛い姿を写真に収めたくて、何度もキャンドルを火を吹き消してもらっちゃいました。きっとあの後酸欠で頭がクラクラしたことでしょう~。でもその甲斐あって、可愛い写真が沢山撮れましたよ。

歌手のキャナちゃんには、Flumちゃんが音符の付いたベリーのチーズケーキを作ってきてくれました。彼女のお菓子は見た目もお味もお洒落っ!
e0089710_72111.jpg

お腹は一杯。でもケーキは必ず入るから恐ろしい。2つのケーキ、余裕で食べてしまいました。

子供の様子をみながら、皆でお話して、お食事して・・・なんてやっていると本当に時間の経つのはあっという間。今回の集まりもまたとっても楽しくって、また近いうちに皆と会えるといいな~と思いながら皆とお別れしました。こう思いながら帰途に着くって、本当に嬉しいことだな、と改めてブログを通しての出会いに感謝した日なのでした。

(もうさ随分前なんだけどね・笑)ceyっち&Kanaちゃん、お誕生日おめでとう!そして、chiemiちゃん、誘ってくれてありがとう。ご馳走様でした!
[PR]
by lia-swiss | 2007-01-12 19:39
・・・なんて歌みたいに終わるならまだ可愛いものです・・・。
しゃがみこんで両手でパチパチと水を叩くもんだから、顔も体も泥だらけ。
e0089710_19521431.jpg

e0089710_19523295.jpg

道行く人たちに結構白い目で見られたんですけれど、大丈夫ですから(笑)。こうやってたくましく育っていくんですから(笑)。風邪ひいてもしにゃ~しませんっ。泥だらけの洋服も坊も洗えばいいことなんですっ。・・・と自分に言い聞かせる私なのでした(涙)。
[PR]
by lia-swiss | 2007-01-07 17:12 | 坊①
夫からのクリスマス・プレゼントは、パリ旅行でした。行ってまいりましたよ~大好きなパリに。

現地に到着するまで私に内緒にしておく予定たったようですが、嘘をつくのがとっても下手な夫なので、計画当初にすでに私にバレバレ(笑)。でも今回は事前に分って良かったです。だってパリに行くのは、お友達夫婦、そして、夫と私だけ。そう、坊はお留守番。坊は義親が預かってくれることになっていたのです。

この計画を知った時は、久しぶりのパリ旅行にワクワクする気持ちと、坊を預けていくことに対する不安な気持で、ずっと複雑な心境でいました。義母と義父なら心配することもないのですが、色々考えれば考えるほど不安になってしまって、一時は旅行をキャンセルしようかな、なんて思ったほどだったんです・・・が・・・ね・・・やはりパリの誘惑には敵いませんでした(笑)。

それでもやっぱり坊とのお別れは予想以上に辛かったです。お別れの時間が近づくにつれて胸のあたりが苦しくなって、坊を見るたびに涙がポロポロ。1ヵ月近くも心の準備をする時間があったのに・・・。いざお別れ、という時には、恥ずかしながらみんなの前で号泣してしまいました。そんな私に義母が、“子離れの第一歩。とっても勇気のあるママね。私も、まだ小さい子供達を親戚に預けた時、今の貴方と全く同じ心境だったのよ。”と優しく声を掛けてくれたのですが、義母も泣いているし、それに、そんなことを言われたらまた悲しくなってしまって、更にしゃくり上げて泣いてしまいました。あ~情けない!

実家を出発してからも暫く涙は止まらず。チューリッヒについてもシクシク、ウジウジ。坊の部屋に入ったりすると、あ~坊の匂いだぁ~ううっ・・・とまた泣いてしまったりして、こんな調子でパリなんか行っても楽しめるのだろうか、と不安だったのですが、・・・現地に着いてしまえば気持ちはもうパリ(笑)でございました。滞在中は毎日義母がSMSで坊の様子を私達に知らせてくれたので、私も安心してパリを満喫できました。

More
[PR]
by lia-swiss | 2007-01-04 05:12 | おでかけ

A Happy New Year!

新年明けましておめでとうございます。
e0089710_4595815.jpg

今年も皆様にとってさらに素晴らしい一年になりますように・・・。
[PR]
by lia-swiss | 2007-01-03 04:58 | スイス生活