スイス・チューリッヒ在住。スタバで一緒にコーヒー飲んでくれるママ友募集中!


by lia-swiss
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2007年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

美味しいシルベスター

坊が産まれるまでは、毎年12月31日は友達とレストランで食事をして、その後、チューリッヒ湖まで花火を見ながら年越し、というのが殆ど恒例行事になっていましたが、坊が産まれてからは友達を呼んで家で過ごすようになりました。
今年も、友達夫婦を招待して我が家でディナーです。招待と書きましたが、友達が前菜、デザートを用意してくれるというので、私達の担当は本当メインだけ。食い意地の張った私は、グルメな彼らがどんなご馳走を用意してくれているのかずっと楽しみにしていました。
e0089710_4391065.jpg


More
[PR]
by lia-swiss | 2007-12-31 03:44 | スイス生活

坊、Goettiを訪れる

本当は、クリスマスイブの夕方、坊のGoettiを訪れるはずだったのですが、病院騒動があったので、日程を変更。24日のクリスマスパーティー生き残り組み夫と夫の親友である坊のGoettiは翌日の25日一日中ダウンしていたので、26日に日を改めました。

クリスマス、誕生日、そういったイベントの時は必ず坊に会えるように時間を割いてくれる彼。
e0089710_17533959.jpg
e0089710_17541279.jpg

e0089710_17544960.jpg

忙しいスケジュールの合間をぬって、坊の面倒を見てくれたり、動物園に連れて行ってくれたりします。

坊の良きGoettiでありたい、という彼の気持ちがこちらに伝わってきて、本当にこの人を選んで良かったと思うばかりです。

夫と私の自慢の坊のGoettiなのでした。
[PR]
by lia-swiss | 2007-12-26 17:51 | スイス生活

ホワイトクリスマス

雪が降っていないのに、一面銀色です。
e0089710_7582785.jpg

霧氷で覆われ、その景色は何とも幻想的。
e0089710_7573483.jpg

庭の池。完全に凍っています。
e0089710_7575797.jpg

今日は25日、ホワイトクリスマス。
[PR]
by lia-swiss | 2007-12-25 08:00 | スイス生活

クリスマスイブ

坊が予想以上に早く元気になったので、予定通り夫の実家でクリスマスを過ごすことなりました。
e0089710_20324855.jpg

元気になった坊とクリスマスツリーに飾ってあるキャンドルに火を灯しました。
e0089710_19531582.jpg

チョコが沢山ついているので、坊はこのクリスマスツリーにくびったけ(笑)です。

今年のアペロは、魚が苦手な義母が私のために?!スモークサーモンのカナッぺを用意してくれていました。
e0089710_19534194.jpg

彼女用と思われるピクルスだけがのったちょっと寂しいカナッペも。
サーモンのピンクに色を合わせて、スパークリングワインもロゼで可愛らしく。

アペロ中、坊がクリスマスツリーの下においてあるプレゼントを次から次へと私達のところへ持ってくるので、夕食前ですが、プレゼントを開けることになりました。プレゼントは全部自分の物だと勘違いしている坊。一つ持ってきては、包装紙を破り捨て、中身を見ずに次のプレゼントへ。破るのが、壊すのが楽しい魔の2歳児です(笑)。

今年のクリスマスディナーは、フォンデュー・シノアーズでした。
e0089710_19544930.jpg

日本のしゃぶしゃぶみたいなもの。スイスのクリスマスによく出される料理だそうです。坊のことがありほぼキャンセルになりかかったディナーですが、今回は運よくフォンドューだったので、義母に迷惑を掛けることなく、皆揃って食事をいただくことが出来ました。

夕食の後は、つい数時間前に激しく泣き続けていた坊とは思えないほど、元気な・・・元気すぎる坊を(薬が効き過ぎたか?!)寝かしつけ、デザートタイム。毎年、義母が美味しいデザートを作ってくれますが、義母のデザートを楽しみにしている義妹と義弟夫婦が今年は不参加なので、私が日本人パティシエの高橋さんに注文したクリスマス・ケーキを持って行くことにしました。ミルクチョコ&ホワイトチョコのムースにフランボワーズのソースが入っているケーキ。
e0089710_623154.jpg

美味しすぎっ!義父母、夫は本当デザートにはウルサイ人達なのですが、ケーキを口にする度に、う~んと唸っておりました。義母は、”こんなに美味しいものが手に入るのなら私の出る出番無しね・・・。”と寂しそうにしていましたけれど、お母様、これ、プロの方が作るケーキですから!
母の味に敵うものは無いよ、と義父と夫。私もいつかそんな風に言われたいな。思いやりのある男性軍です。

食事会の後は、夜12時から行われる恒例ハードコアなクリスマスパーティー。毎回12時まで待っている間に眠たくなってしまってパスしたい気持ちになるのですが、一応主催者の妻なので、出来るだけ参加するようにしています。若かりし頃は、一緒に飲んで、騒いで・・・体力がありました。でも、今のわたくしには、朝4時に卓球大会は無理でございます(笑)。
ここ数年、どやって逃げようか、と頭を悩ませているのですが、今年は坊の看病ということで皆さん納得の不参加。坊に飲ませた痛み止めが夜中に切れるので、もしまた痛がりだした時にすぐ対応できるよう同じ部屋で待機・・・寝ることにしました。

朝8時半頃、目覚めたばかりの私と坊の部屋に、パーティーに参加していた夫が姿を現しました。あれ、もう起きたの?パーティー翌日なのにすごいね、と声を掛けたら、まだパーティー中、ですって(笑)。朝の8時まで飲み続ける君達。わ、若い!今年は、総勢30人もの人が集まったそうです。最後まで生き残ったのは夫を含めた3名。よく頑張りました!
毎年心身ともに確実に年をとっているのは私だけ?・・・なんでしょうか。

坊はこの夜痛みで起きることはありませんでした。抗生物質がちゃんと効いたようです。

ちなみに、夕方4時過ぎに目を覚ました夫は、二日酔いの薬のお世話になりました(笑)。
[PR]
by lia-swiss | 2007-12-24 19:36 | スイス生活
クリスマスイブに、坊を小児救急外来へ連れて行くことになってしまいました。

夕方夫の実家に到着するやいなや愚図りだす坊を見て、最初は疲れているのかな、なんて思っていたのですが、そのうち”痛い!痛い!”と耳やらお腹やら指差して大泣きし始めました。あまりに激しく泣き続けるので、このままひきつけを起こされるのではないかと、私もかなり動転してしまいました。情けないことに手も足もガクガク。すぐ近所の小児救急外来へ車を走らせました。

思ったより病院は空いていて、30分程で先生に診てもらえる事になりました。坊は更に激しく泣き続け、力の限り抵抗します。服は脱がせないし、熱なんか絶対に測らせてくれないので、もう本当にどうなることかと心配しましたが、私達二人がかりで頭を抑え先生に耳を診ていただいたら問題解決。すぐ病名が分かりました。急性中耳炎。

これはかなり痛いはずです、と先生からその場で飲ませられるように痛み止めの薬を用意してもらいました。抗生物質を処方してもらいその後薬局へ。家路に着く頃には、痛み止めが聞いてきたようで、静かになったと思ったら、眠りについていました。

家に着くと痛みが完全に消えたようで、あれだけ大騒ぎしていた当人ケロ!元気に走り回ります。ついさっきまで呼吸ができなくなるほど大泣きしていた人とは思えないほど。病院の待合室で待っている間、最悪の場合は手術、入院・・・今年はクリスマスどころじゃない、と腹をくくっていたのですが、予定通りのクリスマスを過ごすことが出来ました。食事も良く食べ、もらったプレゼントで元気に遊ぶわが子の姿は、今までのあれは何だったの?と思わせるほど。薬の力は偉大です・・・。

医療機関が身近な所にあり、薬がすぐ手に入るこの環境で子供を育てられることに改めて感謝した日でした。
[PR]
by lia-swiss | 2007-12-24 16:00 | 坊①

素敵なクリスマスを!

マドレーヌの型を新しく購入したので、早速焼いてみました。
レモン、抹茶、紅茶の3種類。
e0089710_2104992.jpg

いつもお世話になっている義父母、坊のGoettiとGotteに、プレゼントしようと思います。

これから実家です。恒例のクリスマス・ディナー。義母が今年はどんなディナーを用意してくれているのか今から楽しみです。

皆様も、どうぞ素敵なクリスマスをお過ごしください!
[PR]
by lia-swiss | 2007-12-24 13:46 | スイス生活
今日は、お友達夫婦と一足早いクリスマス・ディナー。
坊はお留守番です。

今回は、久しぶりにMuggenbuehlに行ってきました。
最初に来たのはもう6年ほど前。以来、私達のお気に入りレストランの一つとしてここずっと定着しています。メニューのクオリティーはもちろんですが、何と言っても肩肘を張らずに料理を楽しめる、というのがその大きな理由。

この時期は特に、クリスマスのデコレーションが本当に可愛いんです!
e0089710_22232572.jpg

夏もおススメ。素敵なお庭で食事ができるんですよ。

子供も歓迎します、というこのレストラン。坊がもうちょっと落ち着いたら(笑)、今度は3人で食べに行きたいな。
e0089710_22234986.jpg

[PR]
by lia-swiss | 2007-12-21 18:20 | おでかけ

自転車デビュー

ここずっと毎日全然余裕が無くて、ヒーヒー言ってて・・・気がついたら2007年もあと1週間!になっていました。やりたい事が沢山あるのに、やらなくちゃいけない事を片付けているうちに、あっという間に時が流れてしまいます。
・・・要領が悪いのか・・・。


さて、随分前に、義父母が坊にとペダル無しの幼児用の自転車を買ってくれました。頂いた時はつま先がやっと付く程度。ヨロヨロするのが本人も怖いらしく、全然乗ろうとしなかったのすが、最近になって興味をしめすようになりました。
足がまだ完全に付かないので、相変わらず不安定ですけれど、もうバックも出来るし、たまに倒れたりしていますが、段差がある所も上手くこなしています(その段差上ったり下りたりするのが今面白いみたいです)。
e0089710_23145154.jpg

今はまだ、歩いた方が絶対早いって!と思わず言いたくなるような安全運転。そのノロノロペースに合わせなくちゃならないこちらは、殆ど動かないので寒いのなんのって。

実はこの自転車、私と夫でLike a bikeという木製の自転車を坊2歳の誕生日のプレゼントにしよう、と決めた直後、すごいタイミングのよさで義父母からいただいた物。実用性と共にデザインもかなり重視する私は、鉄製の自転車にかなりガクッ(笑)。タイミングだけは抜群でした。
お気に入りの物だと、傷つけないでー汚さないでー大切に扱ってー!なんて魔の2歳児には絶対通用しないような事を期待してしまいそうですけれど・・・
いいよ、坊、好きなように使うが良いっ(笑)!ママは何も言いませぬ。
[PR]
by lia-swiss | 2007-12-19 05:43 | 坊①

サミクラウス

昨日12月6日は、サミクラウスの日。
坊も会ってきました、サンタさんに。

去年は、目の前にいるサンタさんとシュムッツリさんに無反応な坊でしたが、今年は多少反応がありました。といっても、会えて嬉しいサンタさん♪、ではなく、誰この変な人、でしたが(笑)。
e0089710_4393389.jpg

坊の名前が呼ばれたので、パピーと一緒にサンタさんのところへ。プレゼントをもらって、笑顔で”サンタさん、ありがとう!“・・・と言えればいいのですが、魔の2歳児真っ只中の我が子、サンタさんの目の前で口を尖らせ、睨んでるし・・・。あ、そういえば、去年も睨んでたっけ。2歳児とは関係なかったりして。

サンタさん、ごめんなさい(汗)。
[PR]
by lia-swiss | 2007-12-06 16:53 | 坊①

田舎カフェ

ある週末、散歩の帰り道に近所のカフェに寄った時の写真。
e0089710_4564480.jpg

昔は田舎くさいカフェは嫌いだったのに、子供が出来てから・・・歳をとってから?(笑)・・・そういう場所の方が温か味があって居心地良く感じるようになりました。
e0089710_4571317.jpg

3人でシェアーしたVermiecelle。
e0089710_4574831.jpg

カフェやレストラン等では、坊にはいつも持参した水を飲ませますが、今回は寒かったのでホットミルクを注文してみました。初めての自分のドリンクに大はしゃぎの坊。でも熱過ぎてずっと飲めなかったんだよね。
[PR]
by lia-swiss | 2007-12-03 04:34 | スイス生活